登录站点

用户名

密码

快速注册

自由联盟 - 日本語

  • 分享

    【文化】日本人姓氏的历史

    zhoz 2012-06-20 16:28

    音频下载[点击右键另存为] 
      すべての日本人が名字を持つようになったのは、
    明治時代 のなってからです。当時の政府が、すべての国民が名字を持つことを法律で決めました。そこまで名字を持っていたのは 武士や貴族 だけでした。そこで、多くの人が、地名や地形から名字をつけました。日本人の名字に、「木」「林」「山」「川」「田」など 自然に関係する漢字が多いのは、そのためです。また、日本で最も多い名字は「佐藤」や「鈴木」であると言われています。漢字の字体の違いや読みの違いを考慮してカウントした場合、日本人の名字は 30万もあると言われています。その内、二文字の名字が最も多く、文字数が一番多いのは 五文字です。


          从明治时代开始所有的日本人才拥有姓。当时的政府在法律上规定了国民必须拥有姓。在此之前,只是武士和贵族才有姓。所以很多人就按照地名和地形起了姓。这也是日本的姓中木、林、山、川、田等与自然有关的汉字多的原因。日本最多的姓是佐藤和铃木。如果考虑汉字字体和发音的不同的话,日本有30多万种的姓氏和发音。其中两个字的姓最多。而最长的姓是5个字。
你还不是该群组正式成员,不能参与讨论。 现在就加入